FORTUNE GARDEN KYOTO(フォーチュン・ガーデン・キョウト)

 

******************************************************************
昭和の名建築である島津製作所旧本社ビルをレストラン・ウェディング施設に改装しました******************************************************************

 

 
島津製作所旧本社ビル→FORTUNE GARDEN KYOTO
 
 
東京・丸の内に本社を置くホテル・レストラン運営会社Plan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)さんが、京都・島津製作所旧本社ビルを新たに”FORTUNE GARDEN KYOTO”として生まれ変わらせ、2012年3月8日にグランドオープンを迎えた。島津製作所旧本社ビルは、近代日本を代表する建築家である武田五一氏(1872~1938)が監修し1927年(昭和2年)に建築された洋風建築。鉄筋コンクリートアーチ型の正門や円窓を特徴とし、蛇腹式で開閉するエレベーターも残っている歴史的に価値のある建造物。この由緒ある建築を保存しながら、外壁には完成時にあった装飾を復活させ、内部は意匠に配慮しながら耐震補強を行い、1階はレストラン、2~4階は1日6組までの披露宴が可能なホールとして生まれ変わった。また、敷地内には、この由緒ある建造物にマッチさせる形で、中庭とともに音楽堂(チャペル)がある3階建てのビルを新築させた。

 

 

 

******************************************************************
1階は開放感溢れたオープンキッチンカウンターを有するレストラン・バー******************************************************************


1階のレストラン・バーは、シェフの息遣いが聞こえるほどのオープンカウンター。お客様のカウンターとシェフのカウンターが一体化されており、キッチンのライブ感がダイレクトに伝わる。このカウンターに案内されたら、その日は特別なお客になったような錯覚さえ起こしそうなほどのプレミアム感たっぷり。料理はフレンチがカジュアルに楽しめるビストロスタイルで用意されている。

 

 

******************************************************************
2~4階はウェディング施設に! 特に、4階はオープンキッチンカウンターも
******************************************************************

2階’The Oriental’、3階’The Continental’、4階’The Metoropole’と呼ばれる3つのウェディング・パーティーの会場は最大着席100名前後で、それぞれのフロアで特徴が凝らされている。どのフロアも懐かしさとぬくもりが共存する居心地のよい空間が演出されている。特に、4階の’The Metoropole’では、オープンキッチンカウンターが採用されており、会場への料理の提供はそのカウンターからダイレクトに行われる。キッチンの中でのシェフの動きまでもが披露宴の演出となる。

  

 

 

******************************************************************
キッチンは、建築躯体上の制約と調整し、オペレーションを配慮して、各フロアの連携を考慮!
******************************************************************

今回のキッチン計画の大きな特徴は、歴史ある既存建物を耐震補強して使用するということで、建築躯体上の制約が大きかったことだ。いかにオペレーション上の必要とされる要件を満たしながら、制約のある建築躯体に収めていくかが大きな課題だった。

また、地下1階にあるメインキッチンとパティスリー、5階の増築部分に設けた洗浄エリアと2階、3階、4階のバンケット会場に付属しているサテライトキッチンとの連携をどうするか?1階のダイニングでの通常のレストラン営業とバンケット営業をどのように連携をしていくか?といったことをクライアントやプロジェクト関係者との調整を行いながら進めた。