くらすわ

先日、諏訪湖の東岸にある「くらすわ」に行ってきた。

個人的な思いかもしれないが「長野」というと、農産物、畜産物等に、こだわりをもって

作っている方がたくさんいらっしゃるという印象があり、そういったものを扱っている

「くらすわ」に以前から興味を持っていた。

天井まである木製のドアに圧倒されながら開けて入ると、天井が高く明るい解放的な空間が

広がり、ウッド調のディスプレイ棚と床フローリングが落ち着きを感じさせる。

 

 

 

 

 

1階は、地元のおいしいものや伝統品を取り揃えた信州地産地集マーケットになっており、

お酒・味噌・醤油・漬物といった醸造・醗酵食品を集めたスペース、オリジナル豚「信州

十四豚」のハム・ソーセージ、乳製品や信州の素材を使った自家製パンを提供する

スペース、旬の食材を使用した季節限定ジャムや健康志向のオリジナル菓子、地元の

職人やアーティストがつくる雑貨などを取り揃えたスペースに分かれている。







個人的に興味をもったのは「ハーブビネガー」である。使用するハーブの違いにより

数種類のものが用意されている。もっと酸味が強いかと思ったが、意外と飲みやすく、

試飲もできるので、気に入ったものを購入するのもよいだろう。

 


 

2階は、地元でとれた旬の野菜や「信州十四豚」を提供するレストランになっており、

店の中央には地元野菜を使ったサラダバーやドリンクバーがある。

ここでは、『信州十四豚と地元野菜のワンプレート』と『信州十四豚ロース肉のメキシカン

グリル』を、とても美味しくいただいた。

前者は、冷製のコーンスープ・グリル野菜・

「信州十四豚」グリルポークが添えられていた。

彩りがきれいなのだが、手前にスープの大きめの

器があり、後ろのグリル野菜とミートパイとの

バランスが悪いように感じられた。

ワンプレートの盛り付け方が、ちょっと残念だった。

後者は、肉厚グリルポークに地元農園の

フレッシュハラペーニョをベースにトマト・玉ねぎを

ペースト状にした辛いソースがかかっており、

ガッツリと肉を食べるという感じだった。


 

屋上は、展望ガーデンになっており、夏の夜は毎日打ち上げられる花火を見ながら、

一杯やるのにはいい感じだ。夕方からはアルコールとつまみを提供するブースが

設けられている。

 

 

 

 

 

 

 

2011/09