企業の福利厚生として位置づけられている社員食堂。有名企業が充実した社員食堂をアピールするなど、企業イメージのブランディングや採用戦略におけるPRポイントとしても活用され、近年では注目度が高まってきました。
しかし、その一方で
「利用率が低く、上手く活用できていない」
「人件費を効率的に削減できずコストがかさんでいる」
といったお悩みをお持ちの企業様も少なくありません。
そこでNRTシステムでは、社員食堂の有効活用やコスト削減をお考えの企業様に、社員食堂のリノベーションをご提案しています。

利用率を上げる

写真食堂の利用率を上げる

社員食堂の利用率が低い主な原因は

  • ・ 近隣の飲食店と比較して魅力に乏しい
  • ・ 人気メニューがすぐに売り切れる
  • ・ お得感に乏しい

の3つ。したがって、上記3点に絞った対策を施すことで効率的に利用率を上げられることが想定されます。
より美味しい食事が出せるメニュー計画、近隣の飲食店と比較しても劣らない"強み"づくり、人気メニューが売り切れないような材料の確保など、社員の目線に立ってリノベーション案をご提案します。

コストを削減する

写真食堂のコストを削減する社員食堂におけるコストでかさみがちなのが、やはり人件費。とはいえ人数を少なくするとオペレーション効率が下がってしまうと予想されるため、人数削減には踏み切れないのが実情ではないでしょうか。
しかし、人数をカットして人件費を抑えながらもオペレーション効率を維持、あるいは向上させられる方法があります。
それが、キッチンマネジメント。NRTシステムではキッチンマネジメント手法により適正な調理人員を算出し、その人員で運営できるプラン(人件費のコントロールができる厨房プラン)を作成。固定費をできるだけ抑えられるプランをご提案しています。
人件費削減につながるキッチンマネジメントついてくわしくはこちら